weding

結婚式やるべきか

20年経って思うこと。結婚式やらなかったら後悔してたかも

私事で恐縮ですが、結婚式を挙げてから20年が過ぎました。

式を挙げる前は、結婚式なんて挙げる必要性などあるのだろうか、お金や時間の無駄ではないだろうか、などと否定的なことを考えていました。

式なんていつでも挙げられるものだからと、パートナーから結婚式の相談を受けても、何かと理由をつけて先延ばしにしてきたぐらいです。

でも式を挙げてから20年以上経った今。思うことは、やっぱり結婚式やっておいてよかったなということなんです。

結婚式挙げて20年経った今思うこと

結婚式

毎日の仕事が忙しい。

なかなか時間取れない。

お金無い。

披露宴のような儀式的なものが苦手。

様々な事情から、式を挙げるべきかどうしようか迷っていらっしゃる方が多いです。

やっぱり結婚式は挙げたほうがいいのでしょうか。

結婚して20年経った今の答えは、「イエス」です。

スポンサーリンク

結婚式やっておいてよかった

でも式を挙げてから20年以上経った今。思うことは、やっぱり結婚式やっておいてよかったなということなんです。

嫌なこともたくさん経験しました。

準備も大変だったし、貯金も減っちゃったし、仲人と険悪になったし、父親と喧嘩もしました。

なんでこんな嫌な思いまでして、しかも大変な思いまでして、結婚式やんなきゃいけないんだろう?と真剣に悩んだ時もありました。

でも今とはなっては、みんな良い思い出になっちゃったんですよね。

今振り返ると結婚式挙げていない自分が考えられないと思います。式の準備はいろいろと大変だったんですけど、それも自分の人生の一つの通過点だったように思います。

もし結婚式やってなかったら後悔してたかも

パートナーのイメージ画像

恥ずかしながら「結婚式挙げないほうがよかった」と思ったことは、20年間一回もありません。

もし逆に結婚式をやらずにいたとしたら、たぶん今頃は「なんであの時結婚式挙げなかったんだろう」と1回や2回後悔していると思います。

人生の通過点だった

結婚式当時のことを振り返ってみると、結婚式というものは、人生の区切りになっていると思います。

人生の通過点、人生の節目という感じでしょうか。

結婚式が終わった後は、自分たちを見る目が変わります。それは嫌な感じでもなんともなくて、むしろ気持ちが良い感じ。自分たちが大人として周りから認められた感じ。社会から受け入れられたという感じ。

結婚式をやるからこそ、「結婚しました」ということが公に認められる。結婚しましたって、みんなに知ってもらえます。自分たちも堂々としていられる。

もし結婚式をやっていなかったら、心の何処かに「自分たちは、まだ大人として認めてもらっていないかも」、というような心の隙間が残っていそうです。

なんとなく土台がグラグラしてしまっているような、安定していないような気持ちになっていそうです。

子供に結婚式のことを聞かれたとき

子供から結婚式のことを聞かれたとき、やっぱり結婚式やっておいてよかったなと思います。

子供と一緒にアニメや映画なんかを観ているとき、結婚式のシーンになって、子供から「ママやパパも結婚式やったの?」と聞かれるときがあります。

1回や2回じゃなく、何回もあります。

そういうとき自分たちの結婚式を思い出して、子供に語ってあげられるのはとても嬉しい気持ちになります。

両親の結婚式のことを子供に話すと、子供はとても安心した顔を見せてくれるからです。

もし自分たちが結婚式を挙げなかったとしても、子供としては「なんで式を挙げなかったんだろう?」と疑問を持つと思います。

そこでクドクドと結婚式をやらなかった理由を子供相手に説明するよりも、素直に自分たちの式のことを思い出して語ってあげられる方が、自分には合っていたみたいです。

誰からも責められない

「結婚式を挙げたこと」を周りの人から責められたことはありません。

でも、もし結婚式をやらなかったとしたらどうでしょうか。

親や親戚、友人・知人から、「なんで結婚式やらないの?」と聞かれると思います。

そして自分としても「なんであの時、強引にでも式を挙げなかったんだろう」と責める気持ちが出てくるかもしれません。

そんな暗い気持ちになって後悔してしまうのだったら、ちょっと無理してでも結婚式を挙げてしまった方が長期的に見ても得だと考えます。

悩むなら、まず一歩踏み出してみよう

結婚式当時は、タイミングがどうとかはあまり考えませんでした。

仕事も忙しかったし、貯金も少なかったし、交友関係も広くなかったので、決してベストなタイミングではなかったように思います。

それでも結婚後20年経って、当時を思い出してみると、色々大変なこともあったけど総じて結婚式やってよかったな、としみじみ思います。

結婚式を挙げない確固としたポリシーがあるならまだしも、「忙しい」「お金がない」という理由なら、結婚式はやっておいたほうが良いと思います。

結婚式をやるベストなタイミングって、実は待っててもやってこないんです。「結婚式なんていつでもあげられるんじゃないの?」「ベストなタイミングを待とう」って思っているうちにズルズルとタイミングを逃してしまいます。

また、「結婚式の目的は?」とか「何のために式を挙げるんだろう」などと、哲学的に突き詰めて考えてもまず答えは出ません。

行動してから答えが見つかることもある

wedding

悩む前に、まず一歩踏み出してみましょう。

結婚式場や披露宴会場の下見に出かけて見ましょう。ブライダルフェアに参加しても良いですね。

経済的な不安があれば、閑散期を狙う、招待客の人数を少なくするなど、安くあげられるプランはいくつもあります。

恥ずかしがらず、担当のウエディングプランナーに相談してみましょう。「自分たちにもできそう」「結婚式やってみたい」と思えるはずです。

彼が嫌がりますか?

デートのついでに会場の下見に行ってみましょう。

男性はスイッチが入ると、切り替えが早いですよ。

結婚式やる・やらないは、下見をしてから悩んでも決して遅くは無いのです。

まずは、一歩踏み出してみませんか。

  • この記事を書いた人
馬川夫妻

馬川夫妻

結婚15年目を迎える40代の夫婦。少人数結婚式は、お金もそんなにかからないし、準備も楽です。アットホームな雰囲気は、ゲストから見ても大満足。

-結婚式やるべきか

Copyright© 少人数結婚式、すごくよかったです , 2020 All Rights Reserved.