少人数結婚式 準備

少人数のリゾートウエディングで重要なのに忘れがちなこと

少人数スタイルの結婚式で人気なのが、沖縄やハワイ、バリといった南国リゾートで挙げるリゾートウエディング。

旅行気分も楽しめ、少人数ならではの魅力がいっぱいのリゾートウエディングですが、忘れがちなのがゲストの都合。

自分達の都合も大事ですが、ゲストの都合も優先して事前に聞きましょう。少人数なので、招待したい人全員に来てほしいですからね。

少人数結婚式はリゾートウエディングが人気

resort_wedding

比較的低予算で結婚式を挙げることできるのが少人数結婚式の最大のメリットです。

低予算で挙げられるなら、どうせだったら憧れのリゾートで結婚式を挙げたいと、リゾート型の少人数ウエディングが人気です。

沖縄やハワイといった南国リゾートで、透き通るビーチで思い出に残る結婚式が手に届く範囲の予算でできてしまいます。

旅行気分も楽しめて一石二鳥だし、ご両親と一緒の家族旅行としても利用できます。

大人になってから両親や兄弟姉妹と一緒の旅行はあまりしませんから、久しぶりの(恐らく最後の)家族旅行として、少人数スタイルでリゾート型結婚式を挙げるカップルも多いのです。

スポンサーリンク

リゾートウエディングの日程は招待客の都合も考える

resort_wedding

このように少人数のリゾートウエディングは、旅行気分で楽しいイメージがあります。

でも楽しい反面よくあるのが、自分達の結婚式準備で頭が一杯になってしまい、ゲストのことまで手が回らなくなってしまうことです。

リゾートでの結婚式ということは、ゲストからすれば当然遠方へ出向くことになります。日帰りはできませんので、最低でも1泊から2泊は必要となります。

仕事を休む必要も出てきますし、お子様がいる親族を招待する場合は、学校の都合もあります。また、ご高齢の親族の場合は、長旅ができるかどうかも考慮する必要があります。

このようなことを考えていないと、一番立ち会って欲しい人が当日出席できないということもあり得ます。

少人数なので、できるだけ招待する人全員に事前に声をかけて、都合を聞いた上で日程を調整するようにしましょう。

招待客も不安だらけということを知っておく

map

新郎新婦としても、普段の生活場所とは違った遠方での結婚式となりますので、結婚式の経験も少ないですから、わからないことだらけ。

でも、わからないことだらけなのは、新郎新婦だけではありません。

招待するゲストの人達も、不安なのです。特に旅慣れていない人にとっては、リゾートに行くことは大変な重荷になることは知っておく必要があります。

飛行場までどうやって言って良いのかわからないという人もけっこういます。

日程だけおさえて、あとはゲストの自由でお願いしますというスタンスではなく、ゲストひとりひとりの旅程についても細かく把握しておき、場合によっては自分達で手配しておく、ということも考えても良いかもしれません。

また、親しい間柄なのでお金については緩くなりがちです。ホテル代や飛行機代などは、新郎新婦で持つのか、ゲストで支払うのか、明確にしておきましょう。

親しい間柄だとついついなあなあで済ませてしまうものですが、お金のトラブルは後々尾を引くものですので、気をつけておきたいですね。

結婚式は二人の最初の作品

resort_wedding

結婚式の準備ってものすごく大変ですが、言ってみれば結婚式は二人の最初の共同作業。二人で作り上げる最初の作品と言っても過言ではありません。

招待するゲストの方々は、二人が作り上げる作品をどんなものかじっと見ているのです。

自分達だけの都合ではなく、招待客のことまでよく考えて結婚式を準備し、一生の思い出に残る最高の結婚式を作り上げたいですね。

↓こちらのページで、少人数に特化した結婚式場サイトをまとめています。小規模ウエディング特化なので、低予算のリゾートウエディングも探しやすいです。

  • この記事を書いた人
馬川夫妻

馬川夫妻

結婚15年目を迎える40代の夫婦。少人数結婚式は、お金もそんなにかからないし、準備も楽です。アットホームな雰囲気は、ゲストから見ても大満足。

-少人数結婚式, 準備

Copyright© 少人数結婚式、すごくよかったです , 2020 All Rights Reserved.