少人数結婚式 準備

まずはお店に行って相談しよう!そこから結婚式がはじまる

「いつかは結婚式挙げたい」とは思ってはいるけど、なんとなくスイッチが入らないまま、ズルズル先延ばしにしていませんか?

もし結婚する気が少しでもあるのであれば、自分の中だけで考えているのではなく、行動してみましょう。

ウエディングフェアや式場の下見にいってみたことがきっかけで、結婚式をやるスイッチが入ったという人は多いのです。

自分だけの頭の中で理想を積み上げていくだけでは、やっぱり現実にはならないのです。

非協力的なのはイメージが湧かないから

いくら結婚する二人といえど、他人同士。考えていることはそれぞれ違います。

自分がいくら結婚式をやりたいと考えていても、向こうはそれほどでもなかったりします。「何でもいい」「まかせる」とか言って非協力的な態度をしたりします。

なぜこんな非協力的なのかというと、結局結婚式のイメージがよくわからないからなんです。

本当は結婚式を挙げるのは嫌ではないけど、費用がいくらかかるとか、結婚式のイメージがよくわからないので、キチンと答えられないんです。

だからまずは、ウエディングフェアやウエディングカウンターに行ってみることをおすすめします。

やっぱり実際に会場を見るなり、プランナーと話しをしてみると、こういうふうな結婚式をしてみたいというイメージが明確になりますからね。

今まで乗り気じゃなかったパートナーなのに、会場を見た途端にスイッチ入ることも大いにあります。

スポンサーリンク

ウエディングカウンターに行ってみよう

ウエディングカウンター

ある程度こんな結婚式がしたいとイメージが浮かんできた段階で、まずはウエディングフェアやウエディングカウンターに相談に行ってみると良いです。

相談時間は、だいたい1時間~2時間ぐらいで、普通は無料です。

ウエディングカウンターの場所は、どこもゴージャスな感じで、それだけで非日常的な感じがしておもしろいです。

ウエディングカウンターでは、費用の相場や挙式までの段取り、会場探しなど、プランナーの方が結婚式の基本的なことから詳しく説明くれます。

わからないところはどんどん聞いたほうが良い

ウエディングプランナーさんには、自分の思っている結婚式のイメージをいろいろ聞いてもらいましょう。

まずは自分の思っていることをプランナーさんに理解してもらい、その上でいろいろアドバイスをしてもらえるようになります。

プランナーさんは、これまで数多くの結婚式を担当しているので経験が豊富です。

こんな結婚式がしたいというイメージを十分聞いた上で、具体的なプランに落とし込んでくれます。

二人の間で意見がまとまってなくてもOK

とりあえずウエディングフェアやウエディングカウンターに行って、プランナーと話しをしていくと、今までは思いつかなかった解決法が見つかったりします。

ふたりだけで話しをしていてもずっと平行線になりがちだったのが、スッと解決してしまうことも多いです。

やっぱりプランナーの方が持っている情報量って多いですからね。いわゆるプロの目ってやつです。

複数社回ってみる

もちろんウエディングカウンターは最初に行った1社だけじゃなくてもOK。複数社回ってみて、自分たちの考え方にぴったり来る所にお願いすれば良いです。

とはいえ、ウエディングプランナーの言う通りにしていると、どんどん費用が増えてきたりすることも多いです。やっぱり向こうも商売ですから。

何が必要で、何が不必要なのかはキチンと決めておいたほうが良いです。

結婚式の費用って、普段の生活で使う金額と扱う桁が違うので、感覚が鈍ってきます。

そのうち1万円や2万円が「安い」と思えたりするので、錯覚に陥らないようにしたいです。

だんだんスイッチが入ってくる

結婚式のイメージ

ウエディングカウンターでプランナーからいろいろ話しを聞いているうちに、結婚式についてのイメージがわかってきます。

二人の間でも、どんな結婚式にしようか前向きな話しができるようになってくるはずです。

そうなると行動力がついてくるので、もっといろいろなところを回りたくなります。

式場や披露宴会場の候補をいろいろ回ってみて、自分達のイメージに合う所をデート感覚で探してみると良いです。

最初は遠慮してしまいますが、実際に式場に足を運び、結婚式・披露宴をやりたいと言ってみると、担当者の方が出てきて丁寧に相談にのってくれます。

レストランなどでは、ランチが終わった2時~4時ぐらいの時間帯なら、お客さんも少ないので丁寧に話を聞いてくれるはずです。

何もその場で決めなくても良いです。

話しを聞くだけ聞いて、帰ってから二人でゆっくり相談して決めていけば良いのです。

いろいろ回ってくるとそのうち感覚が掴めてきて、徐々に自分達の結婚式のイメージが固まってきます。

できればふたりで回った方が良い

一人で回ってもいいけど、やっぱり二人で行ってイメージを共有した方が良いと思います。

最初は結婚式に興味を示さなかった人でも、いろいろな人の話しを聞いたり、式場や披露宴会場の下見をしたり、衣装合わせをする中で、どんどん結婚式やる気スイッチが入ってくるみたいです。

最初は遠慮がちですが、だんだん慣れてきます

もし結婚式やるやらないで、ずっともやもやした感じのままだったり、新郎の返事が中途半端で非協力的だったりする場合は、一度ウエディングカウンターに相談に行ってみると良いと思います。

定期的にウエディングフェアを開催していて、参加すると特典をもらえるフェアもあるので、どんどん行動してみると良いと思います。

最初はわからないことだらけで、オドオドしてしまいますが、そのうち自然と慣れてきます。いつの間にかプランナーさんと対等に話しているふたりに気づくはずです。

  • この記事を書いた人
馬川夫妻

馬川夫妻

結婚15年目を迎える40代の夫婦。少人数結婚式は、お金もそんなにかからないし、準備も楽です。アットホームな雰囲気は、ゲストから見ても大満足。

-少人数結婚式, 準備

Copyright© 少人数結婚式、すごくよかったです , 2020 All Rights Reserved.