少人数結婚式 準備

ゲストも感動!少人数リゾートウエディングのおもてなしチェックリスト

比較的安いコストで憧れのリゾートで結婚式を挙げられので人気の高いのが、少人数でのリゾートウエディングです。

ゲスト招待客が家族や親族など親しい人だけという気軽さもあり、旅行気分も楽しめるなど、メリットが多いのが少人数リゾートウエディングの特徴です。

でも、ゲストが親しすぎるがゆえに気が緩んでしまい、思っても見なかったところでトラブルになるケースがあります。

そこで、新郎新婦が気をつけたい、少人数リゾートウエディングでのおもてなしチェックリストを作ってみました。

少人数リゾートウエディングで気をつけたい点

beach

少人数のリゾートウエディングは、ゲスト招待客が親しい人だけなので、親しい間柄ゆえについつい気が緩んで、通常確認するべきところを中途半端にしてしまっていたり、金銭面で甘えてしまったりしがちです。

実際私が出席した少人数リゾートウエディングでは、式の場所と日付だけ連絡があるだけで、交通費や宿泊代については何の連絡もなかったことがあります。

当然、出席するゲストとしては遠方に行くわけですから、費用がかかります。そのため通常は、新郎新婦側が幾らかの負担をします。もし、新郎新婦が交通費や宿泊代を負担できないなら、その旨を事前に説明すれと、ゲストも納得できるのです。

でも、親しい間柄なので照れくさかったりしてそういう説明を省いてしまい、なあなあになってしまったことがあるのです。

せっかくの結婚式なので、親族やゲストもそんな新郎新婦の至らなさについて、特に文句を言うような無粋なことはしないと思います。

でも、内心では大いに不満を感じているはずです。その不満から、本当に二人はうまくやっていけるのだろうか、と二人の将来を不安視するかもしれません。

親しい仲にも礼儀あり、です。

スポンサーリンク

ゲストも感動!おもてなしチェックリスト

wedding

実際私が少人数リゾートウエディングに出席してみて、気づいた点から作成してみました。

両家の招待客に伝える情報は同じものにする

よくあるのが、両家に伝えるべき情報が新郎側と新婦側で違うということ。

まさかと思うかもしれませんが、新郎から伝える情報と新婦から伝える情報で食い違いが起きることがよくあります。

例えば、沖縄でのリゾートウエディングでよくあるのが、かりゆしウェアにするのか礼服にするのかということです。

うまく伝わっていないと、新郎側が礼服や着物で、新婦側がかりゆしウェアだったりしてチグハグになってしまいます。気にしない方はそれで良いのかもしれませんが、気にする人は気まずい思いをしてしまうかもしれません。

こういうのは写真や動画で後に残るものですから、揃っておいたほうが良いでしょう。

招待客に結婚式の日取りを伝えて、日程を調整する

式の日取りを決める前に、招待客全員の予定をヒアリングするようにしてください。

これがけっこう面倒なのですが、きちんとヒアリングしておくことで、結婚式に出席して欲しいと思っているゲストを確実に招待することができます。

リゾートウエディングの場合は、1泊や2泊する場合が多く、仕事や学校の都合で出席できないこともあります。

少人数結婚式なので、調整するゲストの数も少ないです。ここはキチンとヒアリングしておきましょう。

ゲストの旅程スケジュールを把握しておく

飛行機の時間、現地入りのスケジュールや帰りのスケジュールなど、招待客一人ひとりの旅程を確認しておきましょう。

天候不順などで飛行機の欠航が出たりしたときなど、思わぬトラブルがあったときにこの情報が役に立つと思います。

また、旅慣れていないゲストがいる場合は、こちらから切符の手配をしてあげるなど心配りも大切です。

メイクや着付けなどの予約前にキャンセル条項を確認しておく

少人数に限らず結婚式では、特に女性の場合ゲスト招待客のメイクや着付けの要望があります。

当然、その場合は予約が必要ですが、料金が決まっているパッケージプランなど代理店を通している場合は、予約する前に注意が必要です。

もし、キャンセルがあった場合、式までまだ十分日があってもキャンセル代がかかることがあるからです。

式の一ヶ月以上前にキャンセルしたのに、半額のキャンセル代を取られるのも結構普通に行われているので注意が必要です。

結婚式のメイク代は普段行く美容院と比較すると、倍以上する場合もありますので、キャンセルがあったときは、トラブルになりやすいんです。

こんなことでゲストと揉めたくないですから、予約する前は、代理店にキャンセルのことを確認した上で、キチンと事情を伝えることが必要です。

案内状を作る

親しい人だけ行う少人数結婚式でも、結婚式の案内状は丁寧に作成しましょう。

案内状の内容
  • 挨拶(新郎新婦の二人の思いなど)
  • 結婚式当日のスケジュール
  • ゲストの旅程、他のゲストの予定
  • 現地での連絡方法
案内状作成のポイント

当日何をするのか、案内状を見ればすぐわかるように案内状を作成すると良いです。

前日にゲストへ連絡する

出発の前日に、それぞれのゲストに連絡すると良いでしょう。

「遠くて大変ですが、よろしくお願いします」といった様な簡単な一言で良いのです。メールやLINEなどで十分です。

この一言でゲストは満足してくれ、どんな不満があっても結婚式当日は晴れやかに祝福してくれると思います。

式が終わった後でも感謝の気持ちを連絡する

結婚式が終わればそれっきりにしてしまいがちですが、結婚式後にゲストに感謝の気持ちを伝えると良いと思います。

これからも末永く続いていく関係なので、大切にしたいですよね。

ゲスト招待客へのおもてなしの心

少人数リゾートウエディングを大成功に導くポイントの一つは、「ゲスト招待客へのおもてなしの心」です。

少人数だからこそ、一人ひとりに気を使って記念に残る結婚式にしたいです。

  • この記事を書いた人
馬川夫妻

馬川夫妻

結婚15年目を迎える40代の夫婦。少人数結婚式は、お金もそんなにかからないし、準備も楽です。アットホームな雰囲気は、ゲストから見ても大満足。

-少人数結婚式, 準備

Copyright© 少人数結婚式、すごくよかったです , 2020 All Rights Reserved.